【GIFT】250g COLOMBIA JUIS JAIME CAMPO-EL ROBLAR【M-Dark】
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【GIFT】250g COLOMBIA JUIS JAIME CAMPO-EL ROBLAR【M-Dark】

¥2,125 税込

送料についてはこちら

  • 豆 | ESPRESSO

  • 細挽き | ESPRESSO

  • 中挽き | HAND DRIP

  • 粗挽き | FRENCH PRESS

JUIS JAIME CAMPO-EL ROBLAR 農園名 :エル・ロブラール農園 生産者 :ルイス・ハイメ氏 エリア :カウカ県 トトロ プロセス :ウォッシュト 品種 :カスティージョ 標高 :2095m エル・ロブラール農園 カスティージョ ウォッシュトの収穫から精製まで ・コーヒーチェリーは紫色になるまで熟したものを収穫する。 ・収穫後、balseo processと呼ばれるフローティング(水にさらし、乾燥しきっているチェリーや過完熟のチェリー、虫食い等で穴のあいたチェリーなど水面に浮いてくるチェリーを取り除くこと)を行う。 ・果肉除去する前にまずチェリーの段階で発酵させ、その後果肉除去、水を加えない状態でパーチメントを約24時間発酵させる。 ミューシレージの分解割合を図り、それに応じて追加発酵させ、発酵が完了すると2度水洗いする。 ・その後天候に合わせて15日間ほど天日乾燥させる。そのうちはじめの4日間はパラボリックと呼ばれるアフリカンベッドにビニールをかぶせたビニールハウスのような乾燥場で、その後はパティオにて乾燥させる。 農園について 農園のあるカウカ県はアンデス山系にあるコーヒーの生産地です。山岳地帯で、日照や降水量、標高、土壌にも恵まれたコーヒー栽培にとって好条件のそろった地域の一つです。 ルイス氏が農園主を務めるエル・ロブラール農園ではBANEXPORT社の技術指導のもと農園づくりを行っています。